髭の臭いの原因は?

ファッション感覚で髭を伸ばす男性が増えていますが、伸びた髭から臭いが発生することがあります。
汚れや皮脂が毛穴に溜まり、雑菌が繁殖することが髭の臭いの原因となっています。
汗のかきやすい顔に髭が生えているため、雑菌が繁殖しやすい環境となっています。
その臭い成分が髭に吸着するため、余計広がりやすくなるのです。

 

シェービングフォームを使用する

髭剃りに使用するものと言えばT字カミソリです。
しかしT字カミソリでは肌の表面を削り取ってしまい、小さな傷ができることがあります。
その傷に雑菌が入り込むことがあるため、滑らかに髭剃りできるシェービングクリームを使用したいところです。
香り成分が含まれているシェービングクリームがあり、髭の嫌な臭いを良い香りで誤魔化してくれます。
髭が濃い場合はシェービングクリームを塗り、時間が経ってから髭剃りすると良いでしょう。
髭が柔らかくなるため、深剃りしやすくなります。

 

電気シェーバーを使用する

電気シェーバーなら肌に小さな傷を付ける心配なく、髭剃りを行うことが可能です。
ただし臭い成分が付いている髭が電気シェーバー内に溜まると、本体から臭いが発生することがあります。
臭いの付いた電気シェーバーで髭剃りを行うと、臭いが肌や髭に付いてしまう可能性があるのです。
本体内で雑菌が繁殖することがあるため、定期的に洗浄したいところです。
最近では本体丸洗いできるもの、自動洗浄器付きのものが発売されるようになり洗浄しやすくなりました。
臭いが酷いと言う場合は重曹を使用する洗浄方法がおすすめです。
重曹にはタンパク質を分解すると言う作用があり、髭や皮脂と言ったタンパク質の汚れでも落ちやすくなります。
まずは小さじ一杯の重曹を400CCの水に溶かしておきます。
刃を外し重曹の中に入れたら3分ほど待ちます。
後は日陰で自然乾燥させるだけで大丈夫です。

 

髭脱毛する

髭のニオイがどうしても気になると言う方は髭脱毛すると言う対策があります。
髭脱毛が受けられる施設には脱毛サロン、クリニックと大まかに分けて2つあります。
脱毛サロンでは光脱毛、美容電気脱毛などで髭脱毛していることが多いです。
光脱毛は痛みが少なく料金も安いために気軽に髭脱毛することが可能、美容電気脱毛では痛みが強いものの、永久脱毛することが可能です。
クリニックでは医療レーザー脱毛で髭脱毛しており、こちらも永久脱毛できます。
ニオイ成分を吸着する髭が無くなるため、ニオイが広がらないようになります。(参照:髭 臭い

 

 

関連記事

    None Found