日焼けしたくないなら食べ物にも注意

海やプールで絶対に日焼けをしたくないなら、食べ物や飲み物にも気を使う必要があります。

そもそも、日焼けしやすくなる食べ物や飲み物があるのをご存知ですか?

これまでに、日焼け対策をしているのに焼けてしまった!という経験はないですか?

もしかすると、食べ物や飲み物のせいで日焼けしているかもしれません。

その食べ物は、ソラレンという物質を含む食べ物や飲み物です。

多くの方が初めて聞く物質でしょう。

この物質は、紫外線に反応して、日焼けを促進します。

かなり厄介な物質なのです。

完璧な美白を目指すなら、知っておくべき物質です。

日焼けをしたくないなら柑橘類は避けるべき

さて、ソラレンを含む食べ物にはどんなものがあるのか気になりますね。
それは柑橘類です。

柑橘類といえば、すぐに思い浮かぶのはレモンやグレープフルーツ。
また、ソラレンは、ニンジンやきゅうりにも含まれる物質です。

プールや海で、レモンジュースやグレープフルーツジュース、またはレモンサワーやグレープフルーツサワーがあれば飲んでいる方もいるはずです。

喉の渇きにはもってこいの飲み物が、まさか紫外線を吸収しやすくさせるとは意外ですよね。

海やプールは紫外線を浴びやすい場所です。
それに加えてソラレンを含むものを食べてしまえば、UVクリームなどで日焼け対策をしても無意味となってしまいます。

日焼けしたくないのであれば、紫外線を浴びてしまうような環境では柑橘類はさけたほうがいいでしょう。

こちらも参考にしてみてはいかがでしょうか。⇒プール 日焼け止め 禁止

関連記事


    化粧水をつければ、お肌が乾燥しないのと共に、 その後つける美容液または乳液などの美容成分が染み込みやすくなるように、 お肌がきれいに整います。 セラミドを増加させる食品だとか、 セラミドが作られるのを…


    紫外線が強いところは緯度が低い沖縄県と思われがちですが、 実は長野県が紫外線が強いのです。 その理由は、標高が高い、日照時間が長いといった理由から 長野県が紫外線が一番強いと言われているのです。 参考…