ヒゲにコンプレックスを持っている方は自己処理で何とかしようとしている方が大半になります。
しかし、自己処理には気をつけておかなくてはいけないポイントがいくつか存在しています。
まず最も多いのが剃刀で剃ってしまう方法になりますが、剃刀で剃ると言う行為はヒゲと一緒に皮膚を削り取っている事になります。
なのでキチンとシェービングフォームを使ったり、アフターシェーブローションを使ってケアするなどの必要性が出てきます。
次に毛抜きなどで抜いてしまう方法ですが、これは肌に加わるダメージが大きくなりやすい特徴があります。
また空いた毛穴から雑菌が入り込んで炎症を起こす可能性がありますので、できれば避けた方が良いとされています。
そして脱毛テープなどの場合は強い痛みを感じやすくなります。
これは広範囲を一気に処理できると言うメリットもありますが、その分痛みを感じやすくなります。
特に比較的刺激に弱い口元などは注意する必要があります。
なお最も有効なのは除毛クリームやローションになりますが、この時には必ずパッチテストを行う事が重要になります。
そうしないと肌が荒れたりする事がありますし、人によってはかぶれや炎症などが起こる事もあります。

ゼロファクターについて、私が参考にしたのはこちら⇒ヒゲ コンプレックス

関連記事