あれ?この乳液なんだかべたつく…。
そういった経験は誰しもあるのではないかと思います。
そうなるとつい、乳液を使うのをやめてしまったり、他の乳液に変えたりしてしまいがちですが、それは本当に正しいのでしょうか?
乳液はスキンケアの最後に使うもの。化粧水や美容液を経て乳液をつけることが多いと思いますが、もしかしたら化粧水や美容液をつけすぎていたり、スキンケア全部のアイテムを保湿効果のあるものを選んでしまっていることはないでしょうか?
そういった場合は尚更、乳液がべたつくと感じてしまうかもしれません。
なので化粧水や美容液を重ねづけしている場合は1度づけのみにしたり、化粧水や美容液どちらかでもさっぱりしたものに変えると乳液がべたつくと感じなくなるかもしれません。
しかしべたつくというのも、乳液をつけてすぐべたつくのであれば上記のようなやり方で良いのですが、もし時間が経過してからべたつくと感じる場合は逆に、保湿がしっかり出来ていないために油分が過剰に出てしまってそれをべたつくと感じてしまっているのかもしれません。
その場合は先ほどとは逆に、化粧水から順番にしっかりと時間をかけて肌に入れ込んでいくことが大切です。
各アイテムを手にとって手に広げながら温め、つけてからもハンドプレスをしてしっかり浸透させることが大切です。
一度、スキンケア全般を改めて見直してみるのも良いかもしれませんね。
興味を持った方はこちらも参考にしてください。⇒乳液 べたつく

関連記事


    化粧水は、洗顔後すべて洗い流してしまった水分を補充してあげる役割があります。 そのため洗顔をしたらすぐに化粧水を塗ってあげないとお肌はつっぱって乾燥が悪化してしまいます。 化粧水を選ぶ際、お肌になじみ…


    どのタイプの化粧水でも、化粧水を付け方次第で効果が半減してしまうことがあります。 化粧水のパッティングは主に2つの方法があります。手を使う場合とコットンを使用するものです。 手を使ったパッティングは刺…


    「プラセンタを使っていたら美白になった」と言う人が多いですが、 これはホルモンのバランスが整ってきて、 ターンオーバーのサイクルが正常になったという証拠だと言えます。 それらのおかげで、肌が若々しくな…


    顔には20万個の毛穴があるらしく、若い頃はその存在感はないに等しいのですが、気がついたら毛穴がパックリ。 そして、その毛穴はなかなか頑固に塞がらない。 慌てて化粧品を変えるもなかなか効果はイマイチだっ…


    スキンケアは水分の補給と潤いキープが大事です。 ですから化粧水による水分補給をした後は乳液や美容液を使用し、 最後にクリームを用いて水分を逃さないようにすることがポイントです。 栄養バランスを欠いたイ…