外壁塗装の耐久性を上げるために、外壁塗装の工程で外壁を洗浄することは重要な工程と言われていて外壁塗装の工程の中で一番大切な作業でもあります。
外壁の洗浄方法は高圧洗浄で行うのですが、高圧洗浄することで、今まで蓄積されてきた汚れや藻、カビ、チョーキングや剥がれかけの旧塗膜を綺麗に落としてくれます。
高圧洗浄の圧力は約100から150キロ圧の強い圧力です。
この圧力で噴射される水で汚れなどを薄く剥ぎ取るような感じで作業をしていきます。
外壁を洗浄する理由は、塗料の密着力を高めて、塗料と塗装の持ちを良くするためです。
外壁塗装の耐久性を上げる効果も期待できます。
汚れたままの外壁で塗装をしてしまうと、塗装直後は問題なく仕上がっているように見えますが、数年経ったときに汚れが残っていた部分が浮き上がり、塗装が剥がれてしまうことがあります。
下地と塗料の密着力が落ちてしまうからです。
例えば、10年持つはずだった外壁塗装の耐用年数が極端に短くなってしまうこともありますので、それほど外壁を洗浄する作業は重要で、外壁塗装の耐久性を上げるのに必要不可欠な作業と言えます。

参考: 塗装 耐久性 外壁洗浄

外壁を高圧洗浄でしっかり洗浄して、汚れなどを落としてから塗料を塗っていくことで、耐久性を上げより外壁を美しく綺麗に保つことができると言えます。

関連記事