太陽光発電が最近で一気に一般家庭にも普及したのにはある理由があります。
それは電力自由化の影響が大きいです。
確かに電力自由化の前から太陽光発電に関心がある人は多かったです。
ですが、それでも電力自由化になる前と後では太陽光発電に関心を持つようになる人の数に大きな違いが出ています。
それはどういう事かというと、電力自由化の影響で太陽光発電にそれまで関心がなかった人にまで新しく電気事業に参入した業者が太陽光発電を積極的に勧めるようになったからです。
ですから、それまで太陽光発電に関心がなかった人もなんとなく太陽光発電に関心を持つようになりました。
それで、業者にで電気代が安くなると勧められて太陽光発電を導入する一般家庭も増えたというのがあります。
それは間違いなく電力自由化の影響が大きいと言えます。
なので、これまで特に太陽光発電に関心がなかったという人も最近になって急に太陽光発電に関心を持ってすぐに太陽光発電を家に導入したという人も多いわけです。
なので一見してあまり太陽光発電と電力自由化が関係ないように思えても実際は結構太陽光発電と電力自由化は大きな関係があると言えます。
それは特に太陽光発電を普及させるという意味で大きな影響を与えたと言えます。
こちらに詳しく書いてあるので参考にしてください。⇒太陽光発電 電力自由化 影響

関連記事