産後から、年中になる年に仕事を始めました。

産前に働いていたパート先は辞めていたので、
職探しからのスタートです。

幸か不幸か、子どもに発達障害があったので、
障害児枠で保育所には入れましたが、子どもが落ち着いて過ごせなければ、
家に帰らせることもあると聞いていたので、
その状態で仕事を始められるのだろうかという心配もありました。

また、年齢も30代後半になっていたので、
うまく職が見つかるだろうかという不安もありました。

幸いにも、子どもは保育所にそれなりになじみ、
保育所入所三か月後には、経験したことのある職も見つかりました。

しかし新たな悩みとして、子どもはまだ4歳児だったので、
月に1度くらいは発熱し、そのたびに早退したり休んだりが必要になることが出てきました。

産後から親族に頼らずに過ごしてきた私たち家族でしたが、
保育所に預けていた時期は、祖父母に頼れる人はうらやましく感じました。

また、職場に、子どもがいる女性がいなかったので、かなり休み辛さを感じました。

入社から10年たった今でも、その職場で働いていますが、
今は子どもを持って働く女性もおり、その方が人員の管理をしているので、
家庭の都合で休むのも容認されるようになりました。

仕事探しの参考に→ 小さい子供がいても働ける仕事

女性の働きやすさは、そういった、家庭や職場の環境にも左右されますので、
制度だけで解決できるものではないなと感じています。

関連記事

    None Found